コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

21cm放射 にじゅういちセンチメートルほうしゃ

世界大百科事典 第2版の解説

にじゅういちセンチメートルほうしゃ【21cm放射】

1940年代にオランダの物理学者ファン・デ・フルストによって予言され,50年代になって実際に宇宙に発見された,波長21cmの放射。その後の観測によって,われわれの銀河の回転などに新しい描像をもたらした。銀河内の中性水素温度が100K程度と低いために,ほとんどが水素原子としてのもっともエネルギーの低い基底状態にある。基底状態で,電子と陽子との相互作用によるエネルギー差は,ちょうど波長21cm(周波数1420MHz)の電波に対応するようになる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

21cm放射の関連キーワード中性水素領域中性水素雲