コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

21cm放射 にじゅういちセンチメートルほうしゃ

1件 の用語解説(21cm放射の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

にじゅういちセンチメートルほうしゃ【21cm放射】

1940年代にオランダ物理学者ファン・デ・フルストによって予言され,50年代になって実際に宇宙に発見された,波長21cmの放射。その後の観測によって,われわれの銀河の回転などに新しい描像をもたらした。銀河内の中性水素は温度が100K程度と低いために,ほとんどが水素原子としてのもっともエネルギーの低い基底状態にある。基底状態で,電子と陽子との相互作用によるエネルギー差は,ちょうど波長21cm(周波数1420MHz)の電波に対応するようになる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

21cm放射の関連キーワードオランダ商館オンネスゼーマンゲルファントオランダ渡りカメルリンオンネスダッチファンデルワールスファントホッフオランダの犯罪

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone