マイケル ウォルツァー(英語表記)Michael Walzer

現代外国人名録2012の解説

マイケル ウォルツァー
Michael Walzer


国籍
米国

専門
政治哲学者

肩書
プリンストン高等研究所教授

生年月日
1935/3/3

出生地
米国 ニューヨーク市

学歴
ブランダイス大学;ハーバード大学;ケンブリッジ大学

学位
博士号(ハーバード大学)

経歴
ハーバード大学政治学教授を経て、1980年からプリンストン高等研究所社会科学教授。’64年より「ディセント」の編集委員を務め、社会的な批判活動にも携わる。著書に「聖徒の革命」(’65年)、「政治的行為」(’71年)、「ラジカルな原理」(’80年)、「批判者たちの仲間」(’88年)、「正義の領分―多元性と平等の擁護」「義務に関する11の試論」「出エジプトと解放の政治学」「解釈としての社会批判」「道徳の厚みと広がり」「寛容について」「政治と情念」「戦争を論ずる 正戦のモラル・リアリティ」などがある。

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2012」(2012年刊)現代外国人名録2012について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android