コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マイメンシン マイメンシンMymensingh

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マイメンシン
Mymensingh

バングラデシュ北部,ダッカ州の都市。ダッカ北方約 115km,オールドブラマプトラ川沿いに位置。イギリス統治時代はナシラーバード Nasirabadと呼ばれ,ガラス製の腕輪の産地として知られた。現在は米,ジュート,サトウキビなどの集散のほか綿織物,製糖業が盛ん。農科大学,ダッカ大学のカレッジがある。人口 18万 5517 (1991推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

マイメンシン(Mymensingh)

バングラデシュ北部の都市。首都ダッカの北約120キロメートル、ブラマプトラ川旧流沿いに位置する。英国統治時代の旧称ナシラーバード。古くからアッサム地方の中心地の一つであり、交通の要地、また物資の集散地として発展。分離前はヒンズー教徒が多かったが、現在はイスラム教徒が多い。モエモンシンホ

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マイメンシン
まいめんしん
Mymensingh

バングラデシュ中北部、マイメンシン県の県都。旧称ナシーラバードNasirabad。人口34万0500(2003推計)。ブラマプトラ川の旧流沿いに位置し、古くから一帯の物資の集散地として栄えてきた。ヒンドゥー教徒が多かったが、同国が東パキスタンとしてインドより分離後、イスラム教徒が大半を占めるようになった。同国唯一の総合農科大学がある。[桐生 稔]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

マイメンシンの関連キーワードJ.C. ボースバングラデシュキショルガンジジャマールプルトゥンギータンガイルシレット桐生

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android