コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マカリウス[エジプト] Macarius of Egypt

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マカリウス[エジプト]
Macarius of Egypt

[生]300頃
[没]390頃
エジプトの修道士,聖人。老マカリウス,大マカリウスともいう。聖アントニウスの弟子。その生涯の多くは未詳。若い頃から卓越した知力をもち,40歳で司祭となり,奇跡や預言あるいは説教によって当時最高の尊敬を得た。のちカイロの北西ワーディーエルナトルーンの大修道院の院長となり,この地を当時エジプトの修道生活の一中心地とした。彼の名を冠せられる2通の書簡,格言のほか若干の断片が伝わっている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

マカリウス[エジプト]の関連キーワード修道士

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android