アントニウス[エジプト](英語表記)Antonius of Egypt

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アントニウス[エジプト]
Antonius of Egypt

[生]250頃.エジプト,コマ
[没]355.1.17.
聖人。 20歳の頃家族と別れて隠棲生活を始め,約 20年間ナイル川流域の山中に住む。 305年頃隠修士院の制度を設けて観想的共同生活に入る。この制度はアタナシウスパコミウスに影響を与えた。その後 45年間砂漠に隠退。祝日1月 17日。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android