コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マカリオス3世 マカリオスさんせいMakarios III

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マカリオス3世
マカリオスさんせい
Makarios III

[生]1913.8.13. パナイヤ
[没]1977.8.3. ニコシア
キプロスのギリシア正教の大主教,政治家。アテネ大学神学部を卒業後,アメリカのボストン大学に留学。 1948年キプロスに帰り,48年主教,50年大主教となった。エノシス (ギリシアとの統合) 運動の非暴力闘争を指導,このため 56年イギリス政府によってインド洋のセーシェル島に追放されたが,57年釈放されギリシアに帰った。 59年ロンドンで,イギリス,トルコ,ギリシア,キプロス島の各代表による会談でキプロス独立協定に調印,60年独立とともに初代大統領に選出された。 68年再選,73年3選されたが外交ではアメリカ,ソ連両大国の圧力を巧みにかわして非同盟主義をとった。しかし国内ではギリシア系住民とトルコ系住民の対立にはさまれて苦慮した。 74年7月軍のクーデターとその直後のトルコ軍の進攻 (キプロス紛争) の際,一時イギリスに亡命,12月に帰国して大統領の地位に復帰したが,最後まで内外の問題に苦しめられた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

20世紀西洋人名事典の解説

マカリオス3世
Makarios Ⅲ


1913.8.13 - 1977.8.3
キプロスの聖職者,政治家。
元・イギリス領キプロス島大主教。
パフォス出身。
アテネ大学(神学)卒,アメリカ・ボストン大学(神学)卒。
本名ムースコス。
1948年キティオンのギリシア正教主教。’50年キプロス大主教。キプロスのギリシア帰属闘争を組織し、イギリス当局に逮捕。セイシェル島に流刑。アメリカの仲介で、その要求をキプロス独立に変更し、’60年8月キプロスは独立、大統領。しかし、ギリシア帰属を要求するギリシア系右派島民とトルコ系島民との内戦が発生し、ギリシア軍事政権もマカリオスに敵意を抱く。’74年のクーデターでイギリスに逃れるが、同年末大統領に復帰し、島の分裂状態克服に尽力した。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

マカリオス3世

生年月日:1913年8月13日
キプロスの初代大統領,ギリシア正教の大主教
1977年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

マカリオス3世の関連キーワードキプロス独立問題グリバス生年月日

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android