コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マカリオス3世 マカリオスさんせい Makarios III

2件 の用語解説(マカリオス3世の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マカリオス3世
マカリオスさんせい
Makarios III

[生]1913.8.13. パナイヤ
[没]1977.8.3. ニコシア
キプロスギリシア正教の大主教,政治家。アテネ大学神学部を卒業後,アメリカボストン大学に留学。 1948年キプロスに帰り,48年主教,50年大主教となった。エノシス (ギリシアとの統合) 運動の非暴力闘争を指導,このため 56年イギリス政府によってインド洋セーシェル島に追放されたが,57年釈放されギリシアに帰った。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

20世紀西洋人名事典の解説

マカリオス3世
Makarios Ⅲ


1913.8.13 - 1977.8.3
キプロスの聖職者,政治家。
元・イギリス領キプロス島大主教。
パフォス出身。
アテネ大学(神学)卒,アメリカ・ボストン大学(神学)卒。
本名ムースコス。
1948年キティオンのギリシア正教主教。’50年キプロス大主教。キプロスのギリシア帰属闘争を組織し、イギリス当局に逮捕。セイシェル島に流刑。アメリカの仲介で、その要求をキプロス独立に変更し、’60年8月キプロスは独立、大統領。しかし、ギリシア帰属を要求するギリシア系右派島民とトルコ系島民との内戦が発生し、ギリシア軍事政権マカリオスに敵意を抱く。’74年のクーデターでイギリスに逃れるが、同年末大統領に復帰し、島の分裂状態克服に尽力した。

出典|日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)
(C) 1995 Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マカリオス3世の関連キーワードいいや箱スパナモンキースパナジャパナイズジャパナイゼーション台湾パナマ半端無いカンパナ北海道釧路市阿寒町ユッパナイN.W.エイヤー・アンド・サン[会社]

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone