コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マガキ マガキ Crassostrea gigas; Japanese oyster

2件 の用語解説(マガキの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マガキ
マガキ
Crassostrea gigas; Japanese oyster

軟体動物門二枚貝綱イタボガキ科。殻形は固着生活のため一定しないが,殻長 8cm,殻高 35cm,殻幅 10cmに達するものがある。左殻は右殻よりやや大きく厚く,多少碗形にふくらみ,殻頂部に溝状の靭帯面ができる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マガキ
まがき / 真牡蠣
giant Pacific oyster
[学]Crassostrea gigas

軟体動物門二枚貝綱イタボガキ科の二枚貝。樺太(からふと)(サハリン)以南、日本、朝鮮半島、中国に分布し、天然では内湾のやや塩分の少ない潮間帯の岩礁に固着するが、広島県や宮城県では大規模に養殖されている。固着生活のため殻の形は一定しないが、殻長8センチメートル、殻高35センチメートル、殻幅10センチメートルにも達する。小形の型をシカメ、長大な型をナガガキまたはエゾガキという。岩などに固着するのは左殻で、右殻は膨らみが弱い。[奥谷喬司]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のマガキの言及

【カキ(牡蠣)】より

…岩礁に左殻で付着するイタボガキ科の二枚貝の総称であるが,とくに食用とされる重要種マガキを指すことも多い。カキ類は付着生活のため形は一定せず,軟体の足は発達しない。…

※「マガキ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

マガキの関連キーワードイタボガキ軟体動物二枚貝類牡蠣二枚貝板甫牡蠣真牡蠣カキ(牡蠣)軟体類二枚貝綱

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

マガキの関連情報