コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マクシミリアン1世ヨーゼフ マクシミリアンいっせいヨーゼフMaximilian I Joseph

1件 の用語解説(マクシミリアン1世ヨーゼフの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マクシミリアン1世ヨーゼフ
マクシミリアンいっせいヨーゼフ
Maximilian I Joseph

[生]1756.5.27. マンハイム
[没]1825.10.13. ニュンフェンブルク
バイエルン王 (在位 1806~25) 。ファルツツワイブリュッケンフリードリヒの次男。 1777年からフランス革命の勃発までフランス軍に勤務。 95年兄カルルの跡を継いでファルツ=ツワイブリュッケン公,さらに 99年マクシミリアン4世ヨーゼフとして選帝侯となり,有能な大臣モンジュラ伯の補佐を受けて,バイエルンを開明的な国家につくり上げた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

マクシミリアン1世ヨーゼフの関連キーワード竹田出雲(2代)ブラック八ツ場ダムの6都県の負担金石鎚山脈乙二岸駒ゴドウィン祖母山竹田出雲間重富

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone