コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マクマーン法 マクマーンほうMcMahon Act

1件 の用語解説(マクマーン法の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マクマーン法
マクマーンほう
McMahon Act

公式には「1946年原子力法」 The Atomic Energy Act of 1946で,同年8月1日に成立したアメリカ原子力国内管理に関する最初の法。法案提出者は B.マクマーン上院原子力特別委員会委員長。この法によって,アメリカの原子力事業は陸軍の手を離れ,原子力委員会 U. S. Atomic Energy Commission (AEC) という文官管理に移され,戦時体制から平時体制へと切替えられた。同法には,原子力平和利用に関する規定も設けられたが,当時の原子力事業はほとんど原子爆弾の製造であった。そして AECは,原子力に関する研究,開発,生産,許可などの諸分野を管理するとともに,あらゆる原子力物質,原子力施設などを所有し管理した。また同法では軍事連絡委員会を設け,AECと軍との緊密な連係をはかり,さらに国内での科学情報交換についても,外国との情報交換についてもきびしい禁止条項が定められた。すなわちマクマーン法は「文官管理」という基本線を貫くことで成功したが,「武官管理」派と妥協した結果の産物でもあった。その後「1954年原子力法」がこれに取って代った。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

マクマーン法の関連キーワード数理言語世界の諺駒形友梨佐藤寛太英字新聞格文法児童雑誌イタリア映画新日本文学戦争放棄

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone