コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マザマジカ mazama

2件 の用語解説(マザマジカの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

マザマジカ【mazama】

偶蹄目シカ科の哺乳類。小型で最小のシカであるプーズーに似るが,やや大きく,ふつう頭頂部と目の前方に毛のうずがあるのが特徴。顔は細長く,一部の個体には上あごに犬歯がある。角は短く,枝はない。体色は,背側が美しい光沢のある橙色ないし赤褐色,あご,首,下腹部,四肢の内側が白色。体長95~135cm,肩高66~75cm,尾長10~15cm,体重17~23kg。マザマは原住民による呼称。メキシコ中部からボリビアパラグアイアルゼンチン北部にかけての森林にすむ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マザマジカ
まざまじか
mazamabrocket

哺乳(ほにゅう)綱偶蹄(ぐうてい)目シカ科マザマジカ属マザマジカ亜属に含まれる動物の総称。この仲間は、中央・南アメリカに分布する小形のシカ類で4種がある。頭部、頸(くび)、尾などは短く、背線は腰高で丸まった感があり、分枝しない短い角をもつ。マザマジカMazama americanaはメキシコ中部からパラグアイ、アルゼンチン北部の森林にすむ。体長95~135センチメートル、肩高65~75センチメートル、体重20~25キログラム。ハイイロマザマジカM. gouazoubiraはユカタン半島からアルゼンチン中部の茂みや草原にすむ。体長90~125センチメートル、肩高60~70センチメートル、体重17~23キログラム。ヒメマザマジカM. nanaはコロンビア、ベネズエラ、アルゼンチン、パラグアイ北部、ボリビアの森林、丘陵地にすむ。体長90~100センチメートル、肩高40~50センチメートル、体重10~20キログラム。コビトマザマジカM. briceniiはベネズエラ西部、ボリビア北西部、ペルー南部の標高1000~3000メートルの高地に分布し、森林や茂みにすむ。体長72~92センチメートル、肩高35~40センチメートル、体重8~12キログラム。[増井光子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マザマジカの関連キーワードオタリア偶蹄類鹿花鹿四不像麝香鹿豆鹿海驢枝角

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone