コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マシーン政治 マシーンせいじmachine politics

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マシーン政治
マシーンせいじ
machine politics

大衆の支持を獲得するためにつくり上げられた党組織があたかも便利な機械 (マシーン) のようなものであることから,こう呼ばれた。アメリカの大都会を支配したマシーン政治は,しだいに過去のものになりつつあるが,マシーンのボスは,主として都市に流入した移民たちに,市の役職を与えることを通じて自己の勢力を伸ばす。国家や地方公共団体が巨大な「金庫」となり,また,経済に対する規制の権限を持つようになると,政治家はそれを「好意の源泉」として,自己の勢力拡大に利用したいという誘惑にかられる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android