紫明抄(読み)シメイショウ

百科事典マイペディアの解説

紫明抄【しめいしょう】

鎌倉時代の《源氏物語》注釈。素寂(そじゃく)著。10巻。1293年頃には成立していたらしい。鎌倉初期の《源氏物語》校訂本である河内本を底本とした注釈としては現存最古のもの。命名は紫式部の書いた物語の不明な点を明らかにしようという意図による。序の後に,紫式部の系図を掲げる。注釈には問答形式がとり入れられている。著者素寂は河内本校訂者源光行の子かという。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しめいしょう【紫明抄】

鎌倉時代の《源氏物語》注釈。著者は素寂(そじやく)。1293年(永仁1)鎌倉幕府8代将軍久明親王の下命によって編まれた。現存古注釈中,藤原伊行(これゆき)の《釈》,藤原定家の《奥入(おくいり)》についで古い注釈書。《源氏物語》各巻から難解な語句をとりあげて解釈し,和漢の文献を引いて出典,準拠などを考証する。著者素寂は東国の紫雲寺なる寺の住僧で,あるいは河内本《源氏物語》の校定者源光行の子かという。【今西 祐一郎】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

しめいしょう【紫明抄】

源氏物語の注釈書。一〇巻。素寂著。1289年直後の成立か。準拠説、有職の考証、語句の解釈などを記す。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の紫明抄の言及

【源氏物語】より

…その秘説を集めたのが《原中最秘(げんちゆうさいひ)抄》である。親行の弟素寂(そじやく)の《紫明(しめい)抄》も,この学統である。京都ではこのころ了悟の《幻中類林》が出て独自の主張を試み,やや下って長慶天皇の辞書《仙源抄》が成り,碩学花山院長親も名高い。…

※「紫明抄」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android