コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マス・コミュニケーション過程 マス・コミュニケーションかてい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マス・コミュニケーション過程
マス・コミュニケーションかてい

大別してメッセージの送出過程,搬送過程,受容過程から成り,送り手→媒体→送り内容→受け手→効果という流れを設定することができる。現代における特質は,以下の諸点に求められる。 (1) 送り手と受け手との間に機械技術手段が介入することによって,コミュニケーションは少数の送り手から大量かつ多様な匿名の受け手に向ってなされる。 (2) そのコミュニケーションは送り手から受け手への一方通行である。 (3) 現代におけるマス・コミュニケーションは最高度の機械技術体系に依存することによってはじめて可能であることから,送り手の活動は巨大な機構から成る組織体においてなされ,共同的な集合的活動となる。しかも,資本主義社会においては,その活動の大部分は商業主義の原則に基づいて行われ,商品の生産として現れる。 (4) マス・コミュニケーション活動は不断の活動としてのリズムをもっており,さらにこのリズムを享受することが受け手の生活のなかで習慣化することによって,受け手の生活構造は,マス・コミュニケーション活動のリズムで秩序化されるという事態が生れる。したがって (5) マス・メディアへの接触習慣に変調が生じると,一種の禁断症状が生じることがある。また (6) マス・コミュニケーション・プロセスは,一定の受信能力をそなえたすべての受け手に対して開かれたものであるといえる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

マス・コミュニケーション過程の関連キーワードパーソナル・インフルエンス