コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マズヤド朝 マズヤドちょうMazyad

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マズヤド朝
マズヤドちょう
Mazyad

イラク中央部にあった王朝 (961頃~1150) 。マズヤド家はアラブ遊牧民の出身で,イラク平原中央部のヒッラに定着し,周辺の遊牧民を支配した。5代目の君主ドゥバイス2世 (在位 08~35) は対十字軍戦争で活躍し,また詩人を援助したことで有名である。ヒッラは,しばしばセルジューク朝や実権を取戻したアッバース朝カリフの軍に侵略され,1150年カリフ軍によって完全に破壊され,王朝は滅亡した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

マズヤド朝の関連キーワードシルバン・シャー国シルバン・ハン国

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android