マックス エルスカン(英語表記)Max Elskamp

20世紀西洋人名事典「マックス エルスカン」の解説

マックス エルスカン
Max Elskamp


1862 - 1931
フランスの詩人
アントワープ生まれ。
幼い時の追憶フランドルの風俗、信仰を、素朴で技巧的な詩風で歌う象徴派詩人。主な作品に「生への賛歌」(1898年)に収められた詩集安息日の歌」(1892年)、「フランドルの聖週を祝うための貧しき者の6つの歌」(1896年)等や、第一次世界大戦の体験の歌「遠征天幕の下に」(1921年)等がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android