コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マッコリ

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

マッコリ

モチ米や小麦粉などを蒸し、こうじと水を加えて発酵させた韓国ので、高麗時代(918~1392年)の詩にも登場する。蒸留せず、白濁しているために「濁り酒」とも呼ばれる。加熱処理されたマッコリと比べ、生マッコリはおいしさが保たれる期間が短いとされる。

(2011-07-21 朝日新聞 夕刊 1社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

大辞林 第三版の解説

マッコリ

〔朝鮮語〕
〔マッカリとも〕
米・粟あわなどからつくる朝鮮の濁り酒。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

飲み物がわかる辞典の解説

マッコリ【(朝鮮)】


朝鮮半島でつくられる醸造酒の一つで、米と麦麹を合わせて発酵させ、できたもろみを粗ごししてつくるもの。未糖化の米のでん粉や、でん粉が糖化しアルコール発酵しきらずに残っている糖分が、こされずに入ったままなので、白濁しほんのり甘酸っぱい。アルコール度数は6~8度。◇「マッコルリ」「マッカリ」ともいう。

出典 講談社飲み物がわかる辞典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マッコリ
まっこり

朝鮮半島でつくられる大衆的な濁酒(だくしゅ)。マッカリとは日本で定着した表現。マッは大ざっぱ、コリは濾(こ)すの意で「あらごし酒」となる。蒸し米と小麦麹(こうじ)をあわせて一段で仕込む速醸酒で、3、4日で仕上げ、上層の清澄部分と下層の濁りの部分とを分けずに、そのままあわせて濾した濁(にご)り酒。若干の粘性はあるが、弱い甘味と酸味が特徴。薬酒(ヤクチュ)の下層の濁り部分(濁酒(タツチュ))をもマッコリとよぶこともある。近年韓国(大韓民国)では主食用の米は節約する意味で使用せず、小麦粉で代用するが、米の生産に余裕が出たときは米のマッコリが市場に出る。近世までは自家醸造が自由であったが、現在は専売品のみである。新しい規格が定められて、いま、韓国でマッコリとされる酒のアルコール分は6%が基準となっている。[鄭 大 聲]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

マッコリの関連キーワードマイケル シェンカー武智志穂菊池芙美朝鮮語森公平ソジュ朝鮮酒雑酒

今日のキーワード

MERY

ファッション情報を中心とした女性向けデジタルメディア。運営元は株式会社MERY。2013年、株式会社ペロリによって創設された。同社が株式会社ディー・エヌ・エーの子会社となった14年以降も運営は継続され...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

マッコリの関連情報