マッコルラン(英語表記)Mac Orlan, Pierre

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マッコルラン
Mac Orlan, Pierre

[生]1882
[没]1970
フランスの小説家。本名 Dumarchey。 1910年代,パリのモンマルトル,カルチエ・ラタンに集った一群の若い作家,芸術家の代表者の一人。主著に『船員の歌』 Le Chant de l'équipage (1918),『女騎士エルザ』 La Cavalière Elsa (21),『国際的ビーナス』 La Vénus internationale (23),『霧の波止場』 Le Quai des brumes (27) 。アカデミー・ゴンクール会員。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マッコルラン
まっこるらん
Pierre Mac Orlan
(1882―1970)

フランスの小説家。ペローヌに生まれる。貧困の青春のなかで文学習作を続け、1910年代モンマルトルの前衛芸術家たちと親交。『船乗りの歌』(1918)で世に出、『女騎士エルザ』(1921)、『霧の波止場』(1927)、『地の果てを行く』La Bandera(1931)などで、社会の枠のはみだし者の孤独と不安、そしてあこがれを、近代的叙情の筆致をもって描いた。その作品はカルネ、デュビビエなどの映画の原作としても、30年代フランス映画の詩的レアリスムに影響を与えた。[小林 茂]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

イグノーベル賞

ノーベル賞のパロディとして、世界中のさまざまな分野の研究の中から「人々を笑わせ、そして考えさせる業績」に対して贈られる賞。「イグノーベル(Ig Nobel)」とは、ノーベル賞創設者アルフレッド・ノーベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android