コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マツノザイセンチュウ

2件 の用語解説(マツノザイセンチュウの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

マツノザイセンチュウ

マツノマダラカミキリによって媒介されてマツ類を枯らす病原線虫。いわゆるマツクイムシ被害の元凶。マツノマダラカミキリの体内に潜んだマツノザイセンチュウが,カミキリがマツを食害する際にその傷口から材に移り,以後,樹体内に広く分散・増殖する。
→関連項目植物線虫病

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マツノザイセンチュウ
まつのざいせんちゅう / 松材線虫
pine wood nematode
[学]Bursaphelenchus xylophilus

袋形(たいけい)動物門線虫綱チレンクス目Tylenchidaに属する植物寄生線虫。体長約1ミリメートル。各地にみられるマツ類枯損の原因のほとんどは本種とマツノマダラカミキリ(マダラヒゲナガカミキリともいう)の相利共生の結果である。線虫は1匹のカミキリ成虫の気管内に何万と侵入し、カミキリがマツの枝をかじると、その傷跡から線虫が樹体内に侵入繁殖し、木全体に広がる。このためマツは萎凋(いちょう)(しおれ)をおこし、松脂(まつやに)の滲出(しんしゅつ)が止まり数週間で枯死する。カミキリはこのような木の幹に産卵する。翌春マツの材中でカミキリが蛹(さなぎ)から羽化すると、線虫はカミキリの気門から気管内に侵入する。[野淵 輝]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マツノザイセンチュウの関連キーワード胡麻斑天牛斑か切斑虎天牛翅斑蚊松の材線虫松の斑天牛松食い虫松食い虫被害松くい虫

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

マツノザイセンチュウの関連情報