コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松くい虫

2件 の用語解説(松くい虫の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

松くい虫

正式名称はマツノザイセンチュウ。体長1ミリ未満の線虫がマツノマダラカミキリに付着して移動し、カミキリのかみ傷からマツに侵入。内部で増殖して幹の水分の流れを止めるため枯死する。国内では1905年ごろに北米産の木材が長崎に持ち込まれ、広がったとされる。ピーク時の79年度、北海道と青森県を除く全国で243万立方メートルのマツが被害を受けた。07年度は62万立方メートルの被害だった。

(2008-12-21 朝日新聞 朝刊 鹿児島全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

松くい虫
まつくいむし

マツ類を加害する害虫の総称。古くは樹皮下を主とするマツの幹で繁殖加害する甲虫類をさし、マツノマダラカミキリ、ムナクボサビカミキリ、マツノキクイムシ、マツノコキクイムシ、キイロコキクイムシ、シラホシゾウムシ属、マツキボシゾウムシ、クロキボシゾウムシが枯損に関与する主要害虫とされていたが近年の研究結果、マツ類の枯損は、マツノザイセンチュウによるもの(マツ材線虫病)がほとんどで、山火事、たき火跡地に発生するツチクラゲ病や老化、過密衰弱に原因することが判明した。マツ材線虫病は、マツノマダラカミキリ(マダラヒゲナガカミキリともいう)の成虫がマツの樹皮や枝をかじるたびに、気管内に入っていた大量の線虫をかみ跡に落とし、この線虫が樹木全体に広がり、木は急激な萎凋(いちょう)(しおれ)現象をおこし、松脂(まつやに)が出なくなると、本来衰弱木にしか成育できないマツノマダラカミキリがこの木に産卵、幼虫の生活に好適となるだけでなく、前述の他の松くい虫が産卵するので、わずかの間にマツが赤変枯死する。マツ材線虫病は、マツノザイセンチュウをもったカミキリの飛翔(ひしょう)による自然分散移動、あるいは被害材の移動搬入などによってカミキリの分布が広がり、現在では北海道、青森を除く各府県に被害が発生するようになった。
 予防散布は、マツノザイセンチュウの媒介者であるカミキリが、被害材から羽化脱出する直前に、また枝をかじりマツノザイセンチュウを落とすのを阻止するために、立木の葉枝の部分(樹冠)に有機リン剤などの殺虫剤を、ヘリコプターによる空中散布や地上散布によって実施される。カミキリの繁殖している被害木の駆除は、古くは伐倒焼却が行われていたが、現在ではこれにかわる方法として、樹皮面への農薬散布が行われる。新しく被害木の発生した地域では、被害材のメチルブロマイドによる燻蒸(くんじょう)処理が行われることもある。公園、社寺庭園、ゴルフ場など単木的に処理できる貴重なマツは、殺線虫剤の樹幹注入が行われる。マツノマダラカミキリの天敵微生物や誘引剤、被害木処理としての積極的木材利用法、材線虫抵抗性品種の選抜育種などの研究が、松くい虫新防除技術開発の一環として続けられている。[野淵 輝]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

松くい虫の関連キーワード鞭虫疥癬虫腎虫角細工太角鮫松食虫松の材線虫松の斑天牛松食い虫被害松枯れ

今日のキーワード

ポケモンGO

2016年7月6日に米国・オーストラリア・ニュージーランドで配信開始となったスマートフォン用AR(仮想現実)モバイルゲーム。開発・発売元はNiantic,Inc.(ナイアンティック)で、株式会社ポケモ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

松くい虫の関連情報