コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マデイラ島 マデイラトウ

デジタル大辞泉の解説

マデイラ‐とう〔‐タウ〕【マデイラ島】

Ilha da Madeira》北アフリカのモロッコ西方、大西洋上にあるポルトガル領マデイラ諸島の主島。中心都市はフンシャル。同諸島の人口の大部分が居住する。マデイラ酒の産地。年間を通して気候が温暖なため国際的な観光保養地としても知られる。島の中心にそびえるルイボ‐デ‐サンタナ山(標高1861メートル)には、氷河期以前の植生をとどめた月桂樹などの照葉樹林(ラウリシルバ)が広がる。1999年に「マデイラ諸島のラウリシルバ」として世界遺産(自然遺産)に登録された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

マデイラ島の関連キーワードマデイラ諸島のラウリシルヴァクリスティアーノ・ロナウドマデイラ諸島の刺繍工場エンリケ(航海王子)キソケイ(黄素馨)マヌエル[1世]マデイラ[諸島]マデイラワインランゲルハンス酒精強化ワインポルトサント島ハルマッタンコロンブスアカタテハカルル1世サンゴ

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

マデイラ島の関連情報