コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マフィケング Mafikeng

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マフィケング
Mafikeng

南アフリカ共和国北部,北西州の州都。かつて南アフリカ共和国政府のアパルトヘイトにより独立させられたボプタツワナの一部。1980年まではマフェキングと呼ばれ,ケープ州に属した。地名はツワナ族のことばで「石の地」の意。ヨハネスブルク西北西約 240km,ボツワナ国境近くの標高約 1280mの高地に位置。1885年にイギリス軍駐屯地として建設され,1965年までイギリス領ベチュアナランドの首都。南アフリカ戦争の際,1899~1900年に一時ボーア人に占拠され,解放時に盛大に祝われたことが maffick(祝賀のお祭り騒ぎ)ということばを生んだ。乳牛,肉牛飼育のほか,ナンキンマメ主体の農業が周辺で行なわれ,酪製品などの交易中心地。都市圏人口 25万9484(2001)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

マフィケング(Mafikeng)

南アフリカ共和国北部、北西州の都市。同州の州都。旧称マフェキング。かつて英国保護領ベチュアナランド(現ボツワナ)の支配拠点が置かれ、国境に近い。南ア戦争時に英国軍がボーア軍に包囲され、長期間籠城した要塞が残っている。牧畜、酪農が盛ん。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

マフィケングの関連キーワードガボローネリンポポ川モロポ川