コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マム マム ma'am

翻訳|ma'am

2件 の用語解説(マムの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

マム(ma'am)

《madamの省略形》目上の女性に呼びかけたり答えたりするときに用いる語。奥様。お嬢様。「イエスマム

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マム
まむ
Mam

マヤ系先住民インディヘナインディオ)のなかでも文化的保守性で知られる言語集団。マム族という語が使われることもあるが部族集団ではなく、マム語を話す先住民をさす概念で、その総数は今日約70万人とされる。グアテマラ北西部の険しい山岳地帯の農村に住み、他の高地マヤと同じく伝統的にはトウモロコシ、豆、カボチャを中心とする農耕を行ってきたが、近年は商業活動などに従事する者、また都市部や国外に移住する者も増加している。宗教も他の高地マヤと同様、マヤ独自の宗教と中世スペインキリスト教とが習合した民俗カトリシズムが中心であったが、近年はプロテスタント人口の増大が著しい。後古典期のマムは城砦(じょうさい)的なサクレウを中心として王国に組織されていたようであるが、キチェ王国に従属し、16世紀初めにはキチェに続いてスペインによる征服を受けた。[小泉潤二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マムの関連キーワード吾が仏御嬢さん可愛これこれサー其文字申しラブコールフォレックス(Forex)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

マムの関連情報