コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マメヅタ

百科事典マイペディアの解説

マメヅタ

ウラボシ科の常緑シダ。本州〜沖縄に分布し木の幹,岩上などに着生。糸のような非常に長い茎がのび,長さ1〜1.5cmで厚い肉質楕円形の葉がまばらに出る。胞子葉は長さ4〜5cm,倒披針形で直立し,縦に長い2条の胞子嚢群がつく。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

マメヅタ【Lemmaphyllum microphyllum Pr.】

東北地方南部以南の暖地にやや普通に見られ,通常岩上や樹幹に着生するウラボシ科の常緑多年生シダ植物(イラスト)。中国にも分布する。ダイズ大の円形から楕円形の厚い葉が,細い根茎の左右に交互に並ぶ。葉脈網状に結合し,それぞれの網目内には,少数の遊離脈が見られる。胞子葉は狭いへら形,長さ2~5cmで立ち上がり,栄養葉とは形を異にする。胞子囊群は中肋と辺縁の中間にある浅い溝に生じ,線形,若い時は楯状の鱗片におおわれる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マメヅタ
まめづた / 豆蔦
[学]Lemmaphyllum microphyllum Pr.

ウラボシ科の常緑性シダ。イワマメ、マメゴケともいう。根茎は細長くはい、鱗片(りんぺん)をまばらにつける。鱗片は格子状で、暗褐色、膜質。葉は肉質で厚くやや光沢があり、栄養葉と胞子葉の2型がある。栄養葉は円形か楕円(だえん)形で長さ1~2センチメートル、柄(え)が短い。胞子葉はへら形で長さ2~5センチメートル、柄が長い。胞子嚢(のう)群は中肋(ちゅうろく)に沿って線状につくが、成熟すると裏面全体を覆う。東北地方南部以西に分布し、暖地に多く、林内の樹上や岩上に着生する。[西田治文]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

マメヅタの関連キーワード阿武隈渓谷県立自然公園ケットゴケ(毛布苔)マメヅタカズラマメヅタラン裏星科鏡草コケ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android