コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マメヅタ

3件 の用語解説(マメヅタの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

マメヅタ

ウラボシ科の常緑シダ。本州〜沖縄に分布し木の幹,岩上などに着生。糸のような非常に長い茎がのび,長さ1〜1.5cmで厚い肉質楕円形の葉がまばらに出る。胞子葉は長さ4〜5cm,倒披針形で直立し,縦に長い2条の胞子嚢群がつく。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

マメヅタ【Lemmaphyllum microphyllum Pr.】

東北地方南部以南の暖地にやや普通に見られ,通常岩上や樹幹に着生するウラボシ科の常緑多年生シダ植物イラスト)。中国にも分布する。ダイズ大の円形から楕円形の厚い葉が,細い根茎の左右に交互に並ぶ。葉脈は網状に結合し,それぞれの網目内には,少数の遊離脈が見られる。胞子葉は狭いへら形,長さ2~5cmで立ち上がり,栄養葉とは形を異にする胞子囊群は中肋と辺縁の中間にある浅い溝に生じ,線形,若い時は楯状の鱗片におおわれる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マメヅタ
まめづた / 豆蔦
[学]Lemmaphyllum microphyllum Pr.

ウラボシ科の常緑性シダ。イワマメ、マメゴケともいう。根茎は細長くはい、鱗片(りんぺん)をまばらにつける。鱗片は格子状で、暗褐色、膜質。葉は肉質で厚くやや光沢があり、栄養葉と胞子葉の2型がある。栄養葉は円形か楕円(だえん)形で長さ1~2センチメートル、柄(え)が短い。胞子葉はへら形で長さ2~5センチメートル、柄が長い。胞子嚢(のう)群は中肋(ちゅうろく)に沿って線状につくが、成熟すると裏面全体を覆う。東北地方南部以西に分布し、暖地に多く、林内の樹上や岩上に着生する。[西田治文]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マメヅタの関連キーワードウズラ足高蜘蛛伊豆千両黄蝶巾着鯛すだ椎暖地馬糞海胆カワノリ

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone