コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マヨット島 マヨットとう Île de Mayotte

2件 の用語解説(マヨット島の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マヨット島
マヨットとう
Île de Mayotte

アフリカ大陸とマダガスカルの間,インド洋南西部のモザンビーク海峡にあるフランス海外県の島。16世紀にアラブのイスラム教徒が到来,1835年アンジュアン島(→ンズワニ島)のスルタンの支配下となり,1843年にフランスの保護下に置かれ,1947年フランス海外領となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

マヨット‐とう〔‐タウ〕【マヨット島】

Mayotte》アフリカ大陸とマダガスカル島の間にあるコモロ諸島の島。フランスの海外県。1975年、コモロがフランスから独立する際、住民投票マヨット島だけは独立反対派が多かったことからフランスが支配を継続。コモロは併合を求めている。本島と属島のパマンジ島、およびいくつかの小島からなる。人口23万(2010)。首都はマムズマイヨット島

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マヨット島の関連キーワードコモロマダガスカルナイル鰐汎アフリカ主義コモロ諸島マダガスカル2マダガスカル3ランド オブ アフリカアフリカ・マダガスカル・モーリシャス共同機構アフリカ・マダガスカル連合

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

マヨット島の関連情報