マリア イヴォーギュン(英語表記)Maria Ivogčn

20世紀西洋人名事典の解説

マリア イヴォーギュン
Maria Ivogčn


1891.11.18 - ?
ソプラノ歌手。
ブダペスト生まれ。
本名イルゼ・フォン・ギュンター。
旧名マリア ケンプナー。
母はオペラ歌手。16歳でウィーン音楽院にはいる。指揮者ブルーノ・ワルターに認められ、ミュンヘン宮廷オペラにおいて’13年「ボエーム」でデビュー。’26年までプリマ・ドンナを務める。’17年にはウィーン宮廷歌劇場で「ナクソス島のアリアドネ」のツェルビネッタを歌う。’22年米国演奏旅行で成功を収める。’26〜’33年ベルリン市立歌劇場に所属。’48年ウィーン音楽院、’50年ベルリン高等音楽校でそれぞれ教鞭をとった。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

正義マン

倫理上問題がある行為などに対して過剰に反応し、正義感を振りかざして騒ぐ人を指すインターネットスラング。2019年10月の消費税増税と軽減税率制度の実施に伴って「イートイン脱税」が発生した際、これを店員...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android