コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マリュ Malus, Étienne Louis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マリュ
Malus, Étienne Louis

[生]1775.6.23. パリ
[没]1812.2.23. パリ
フランスの物理学者,軍人。軍隊勤務中,才能を認められ,パリのエコール・ポリテクニクに派遣されて数学,自然科学を学ぶ。その後技術将校となり,ナポレオンのエジプト遠征にも参加 (1798~1801) 。リーユの科学・農業・技術協会会長 (04) 。エコール・ポリテクニク試験官 (05) 。科学アカデミー会員 (10) 。 P.ラプラス,C.ベルトレらとも親しく,彼らの主宰するアルクイユ協会の会員でもあった。光学現象の数学的解明に努力,光線束の火面を表わす方程式を見出すとともに,1807年に直交面に関する有名なマリュの定理を発見。複屈折に関する学士院の懸賞に伝統的な光の粒子説の立場から進めた研究結果を提出,懸賞獲得 (10) 。その提出論文のなかで反射偏光の発見が報告された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

マリュの関連キーワードリュウゼツラン(竜舌蘭)G. チュフライ光線のマリュス則光(light)西表石垣国立公園ミハイル ヨラマリュスの法則マリュスの定理ラブレニョーフマリュウジ岩チュフライ光の科学史ロシア映画6月23日カンピラ滝マリュス浦内川アラゴ西表島