コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マルカム(馬爾康)県 マルカムrmar khams; Barkam

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マルカム(馬爾康)〔県〕
マルカム
rmar khams; Barkam

旧名はスートー (四土) 。中国西南地方,スーチョワン (四川) 省北部,アパ (阿 壩) チベット (蔵) 族自治州中部の県。州の行政中心地がある。チベット (西蔵) 高原の東端部にあたり,標高 2500m前後の谷底平野と,4000mをこえる山地とが,ゆるい起伏で連なっている。城関鎮 (行政庁所在地) はタートー (大渡) 河の支流スオモー (梭磨) 河の谷にあり,スーチョワン盆地とチンハイ (青海) 省,カンスー (甘粛) 省を結ぶ道路交通の要衝である。谷底は,ハダカムギ,春コムギ,エンドウを主とする農業地域。人民共和国成立前はケシの栽培が多かったという。山腹ではヤクとウシの移牧が行われる。山林には漢方薬材が多い。住民はほとんどがチベット族。人口5万 7341 (1990) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

マルカム(馬爾康)県の関連キーワードアパ(阿壩)チベット(蔵)族チャン(羌)族自治州

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android