コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マルシュナー マルシュナーMarschner, Heinrich August

3件 の用語解説(マルシュナーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マルシュナー
マルシュナー
Marschner, Heinrich August

[生]1795.8.16. ツィッタウ
[没]1861.12.14. ハノーバー
ドイツの作曲家。ライプチヒで音楽を学び,1817年頃ウィーンベートーベンを知った。 20年にウェーバーに招かれてドレスデンに行き,のちに同地のオペラ劇場の楽長となった。 27年ライプチヒのオペラ劇場の楽長,31年からハノーバー宮廷の楽長となり,ドイツ・ロマン派のオペラを確立した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

マルシュナー【Heinrich Marschner】

1795‐1861
ドイツ・ロマン派のオペラ作曲家。法律研究の後,音楽に転じ,プレスブルク(現,ブラティスラバ),ドレスデンで指揮者として活動,C.M.vonウェーバーと親交をもつ。1827年ライプチヒ市立劇場オーケストラ指揮者に就任,同地でオペラ《吸血鬼Der Vampyr》(1828)を作曲,これにより名声を確立。31‐59年ハノーファーの宮廷楽長。代表作に上記作品のほかに,オペラ《聖堂騎士とユダヤ女》(1829)などがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マルシュナー
まるしゅなー
Heinrich Marschner
(1795―1861)

ドイツの作曲家。ウェーバーとワーグナーを結ぶドイツ・ロマン主義オペラ史の重要な存在。ツィッタウで生まれる。ライプツィヒ大学法科に進むが、同地のトマス・カントルだったシヒトのもとで作曲を学び、1816年プレスブルク(現ブラチスラバ)で音楽教師として出発、同地で作曲したオペラの成功により21年ドレスデンに進出、24年には同地の歌劇場音楽監督となる。27年ライプツィヒ市立劇場指揮者となり、そこで代表作のオペラ『聖堂騎士とユダヤ女』(1829)が生まれた。31年以後はハノーバー宮廷楽長として活躍、同地で没した。[樋口隆一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

マルシュナーの関連キーワードエッジワース国民公会スタニスワフ・アウグスト・ポニャトフスキ総裁政府幽霊(亡霊)教養小説みなと銀行東平(とうなる)地区隠岐の古典相撲京都非公開文化財特別公開

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone