コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マルシリオ Marsiglio dei Mainardini

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マルシリオ
Marsiglio dei Mainardini

[生]1280? パドバ
[没]1342/1343. ミュンヘン
イタリアの政治思想家。フランチェスコ派の聖職者,パリ大学教授 (1312頃~14) 。その後,イタリアでギベリン党の政治助言者を経験。神聖ローマ皇帝ルートウィヒ4世と教皇ヨハネス 22世の対立に際し,『平和の擁護者』 Defensor Pacis (24) を公表し皇帝を擁護したが,これがもとで教皇から破門され (27) ,バイエルンのルートウィヒの宮廷で終世を過した。『平和の擁護者』は世俗権力の自律性を主張するものであり,そのなかでは政治社会 (国家) と法の正統性は,トマス・アクィナス的な宇宙秩序から解放されて人民の意志という純世俗的な根拠に求められている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

マルシリオの関連キーワードヘルメス・トリスメギストスピコ・デラ・ミランドラルネサンス史(年表)ヨハネス(22世)ポリツィアーノ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android