コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マルトール

2件 の用語解説(マルトールの意味・用語解説を検索)

栄養・生化学辞典の解説

マルトール

 着香剤として使う食品添加物カラマツの樹皮からとる.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マルトール
まるとーる
maltol

麦芽コーヒーを製造するときに発生する薫煙凝縮物である。カラメルに似た香気を有する白色結晶であり、93℃で昇華し、塩化鉄で紫色に呈色する。食品香料として多量に使用され、最近はフルフラールを出発物質として工業的に製造されている。チョコレート、パン、菓子、アイスクリーム酒精飲料などにカラメル様フレーバーとして広く応用されている。[佐藤菊正]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マルトールの関連キーワードプロピオン酸ウンデカラクトンオキシベンツアルデヒドケイ皮酸誘導体食品添加物公定書ノナラクトンフェニル酢酸イソアミルメチルβ-ナフチルケトン酪酸シクロヘキシル酪酸ブチル

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone