マルバシモツケ(読み)まるばしもつけ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マルバシモツケ
まるばしもつけ / 丸葉下野
[学]Spiraea betulifolia Pall.

バラ科の落葉低木。シモツケの名がついているが、シモツケソウ属Filipendulaではなく、シモツケ属Spiraeaの植物である。高さ30~80センチメートル、枝はよく分枝し、古い枝は灰褐色。葉は倒卵形または広卵形。6~8月、新枝の先に散房花序をつくり、白色で径約7ミリメートルの5弁花を開く。果実は袋果。亜高山から高山に生え、中部地方以北の本州、北海道、および千島、樺太(からふと)(サハリン)、シベリアに分布する。[鳴橋直弘]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のマルバシモツケの言及

【シモツケ(下野)】より

… コデマリに近縁のものには,近畿地方以西の本州,四国および九州の岩石地に生えるイワガサS.blumei G.DonやイブキシモツケS.nervosa Franch.et Savat.があり,トサシモツケと同じ種には,中部地方以北のイワシモツケS.nipponica Maxim.var.nipponicaや紀伊半島のキイシモツケvar.ogawae Yamanakaが知られている。関東から北では,マルバシモツケS.betulifolia Pallasがよく見られる。シモツケ属Spiraeaは北半球の温帯に100種あまりが知られているが,そのほとんどの種は,乾いた土地に生える。…

※「マルバシモツケ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android