コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マルバノキ Disanthus cercidifolius Maxim.

世界大百科事典 第2版の解説

マルバノキ【Disanthus cercidifolius Maxim.】

秋の紅葉時に赤紫色の花が美しいマンサク科の1属1種の落葉低木。別名ベニマンサク。和名は〈円葉ノ木〉の意で,木曾地方の方言名に基づく。高さ3~5mになり,小枝は細く紫褐色,当年枝は先端が枯れ落ちて真の頂芽を欠く。葉は2~9cmの柄で互生し,広卵円形全縁で,基部は心形をなし,長さ4~10cm,幅5~12cm,掌状に5~7本の主脈が出る。葉が赤黄色に色づく10,11月,当年枝または前年枝の葉腋(ようえき)から出る短い柄の先に,2個の紅紫色の花が背中合せに開く。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マルバノキ
まるばのき / 丸葉木
[学]Disanthus cercidifolius Maxim.

マンサク科の落葉低木。高さ約3メートル。葉は卵円形で長さ5~12センチメートル、全縁で、掌状脈がある。花は紅褐色で、10~11月、葉腋(ようえき)から出た短枝に2個ずつ対生する。(さくか)は倒心形で、長さ約1.5センチメートル。翌年の秋に熟し、数個の黒色のつやのある種子を出す。名は葉が円いことによる。また花の形がマンサクに似て紅色であるため、ベニマンサクともいう。山地に生え、中部以西の本州、四国に分布する。秋の紅葉が美しく、よく庭園に栽培される。マルバノキ属は東アジア特産で2種からなり、他の1種は中国名長柄双花木といい、中国中部に分布する。[門田裕一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

マルバノキの関連キーワードベニマンサク(紅満作)紅満作蝋梅擬一葉

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android