コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マルバノキ Disanthus cercidifolius Maxim.

2件 の用語解説(マルバノキの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

マルバノキ【Disanthus cercidifolius Maxim.】

秋の紅葉時に赤紫色の花が美しいマンサク科の1属1種の落葉低木。別名ベニマンサク。和名は〈円葉ノ木〉の意で,木曾地方の方言名に基づく。高さ3~5mになり,小枝は細く紫褐色,当年枝は先端が枯れ落ちて真の頂芽を欠く。葉は2~9cmの柄で互生し,広卵円形全縁で,基部は心形をなし,長さ4~10cm,幅5~12cm,掌状に5~7本の主脈が出る。葉が赤黄色に色づく10,11月,当年枝または前年枝の葉腋(ようえき)から出る短い柄の先に,2個の紅紫色の花が背中合せに開く。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マルバノキ
まるばのき / 丸葉木
[学]Disanthus cercidifolius Maxim.

マンサク科の落葉低木。高さ約3メートル。葉は卵円形で長さ5~12センチメートル、全縁で、掌状脈がある。花は紅褐色で、10~11月、葉腋(ようえき)から出た短枝に2個ずつ対生する。(さくか)は倒心形で、長さ約1.5センチメートル。翌年の秋に熟し、数個の黒色のつやのある種子を出す。名は葉が円いことによる。また花の形がマンサクに似て紅色であるため、ベニマンサクともいう。山地に生え、中部以西の本州、四国に分布する。秋の紅葉が美しく、よく庭園に栽培される。マルバノキ属は東アジア特産で2種からなり、他の1種は中国名長柄双花木といい、中国中部に分布する。[門田裕一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マルバノキの関連キーワード赤紫蘇秋山の桜草常磐満作花蘇芳花紅葉日向水木満作猊鼻渓丸葉の木

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

マルバノキの関連情報