マルバハギ(読み)まるばはぎ

  • Lespedeza cyrtobotrya Miq.
  • まるばはぎ / 円葉萩

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マメ科(APG分類:マメ科)の落葉低木。ハギの1種で、茎は高さ約1.5メートル、木質化する。初秋のころ、葉より短い花序をつくり、葉の間に埋まったように紅紫色で長さ約1センチメートルの蝶形花(ちょうけいか)を開く。翼弁が竜骨弁より長いのが特徴である。萼(がく)の先は長く伸び、鋭くとがる。果実は楕円(だえん)状で長さ約5ミリメートル。ヤマハギと同様に日なたに生育し、低地ではヤマハギより普通にみられる。東北、中部地方の日本海側を除く本州から九州、および朝鮮半島、中国に分布する。

[秋山 忍 2019年11月20日]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のマルバハギの言及

【ハギ(萩)】より

…一般にハギと呼ばれる植物はマメ科ハギ属の中のヤマハギ節に属する数種類を含むもので,特定の種類ではなく,外観の似ている種類の総称である。ふつうにハギと呼ばれるのはヤマハギ,ミヤギノハギ,ニシキハギ,ツクシハギのことで,ときにマルバハギも含まれる。 ハギの一般的な特徴は次のとおりである。…

※「マルバハギ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

医食同源

病気を治療するのも日常の食事をするのも、ともに生命を養い健康を保つために欠くことができないもので、源は同じだという考え。[補説]古くから中国にある、体によい食材を日常的に食べて健康を保てば、特に薬など...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android