コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マロツィア Marozia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マロツィア
Marozia

[生]892頃
[没]932以後
イタリア,ローマの有力女性貴族。ローマに勢力を有したテオドラを母にもち,初めスポレト辺境伯のアルベリック1世と結婚。次いでトスカナのグィードと結婚,教皇庁に影響力をもつようになり,931年息子を教皇ヨハネス11世として即位させた。ヨハネス11世の父親は,マロツィアの愛人だったセルギウス3世と考えられている。グィードの死後,イタリア王ユーグと結婚したが,実子アルベリック2世の反抗にあって勢力を失った。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

マロツィアの関連キーワードステファヌス7世(8世)ユーグ[アルル]ヨハネス10世レオ6世

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android