コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マロツィア Marozia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マロツィア
Marozia

[生]892頃
[没]932以後
イタリア,ローマの有力女性貴族。ローマに勢力を有したテオドラを母にもち,初めスポレト辺境伯のアルベリック1世と結婚。次いでトスカナのグィードと結婚,教皇庁に影響力をもつようになり,931年息子を教皇ヨハネス11世として即位させた。ヨハネス11世の父親は,マロツィアの愛人だったセルギウス3世と考えられている。グィードの死後,イタリア王ユーグと結婚したが,実子アルベリック2世の反抗にあって勢力を失った。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android