マンティネイアの戦い(読み)まんてぃねいあのたたかい

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マンティネイアの戦い
まんてぃねいあのたたかい

紀元前362年、アルカディア同盟の内訌(ないこう)に介入したテーベと、スパルタとの間の戦い。マンティネイアMantineiaはペロポネソス半島中部、テゲアの北方の地名。テーベ側は最終的勝利をものにしたものの、将軍エパミノンダスを失った。この戦いによって、テーベの覇権は陰り始め、ペロポネソス半島諸国への介入は弱まったが、スパルタも大いにその威勢を落とした。[古川堅治]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android