コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マンニトール mannitol

世界大百科事典内のマンニトールの言及

【糖アルコール】より

…ペンチットであるアドニット(アドニトール)は遊離型でも存在するが,ビタミン,補酵素の一種であるFMN(フラビンモノヌクレオチド)やFAD(フラビンアデニンジヌクレオチド)の成分として存在する。また,ヘキシットであるマンニット(マンニトール)は,マンナ(植物の茎にある糖を含む分泌液)の主成分である。同じくヘキシットであるズルシット(ズルシトール)は,水に難溶で,糖尿病患者の甘味料として用いられる。…

【マンニット】より

低分子生体物質の一種。マンニトールmannitolと同一物質。糖アルコールの一種で,マンノースのカルボキシル基が還元されて水酸基に置き換わった6価アルコール。…

※「マンニトール」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

マンニトールの関連キーワードキシリトールガムでむし歯を予防する成長期に食べさせたい食品覚醒剤急性中毒マンニットキクラゲ褐藻植物脱水療法利尿薬褐藻類植物

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android