コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マンニネン マンニネン Manninen, Otto

2件 の用語解説(マンニネンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マンニネン
マンニネン
Manninen, Otto

[生]1872
[没]1950
フィンランドの詩人。新ロマン主義の影響を受け,洗練された格調高い詩で知られる。『詩句』 Säkeitä (1905~10) など4つの詩集を残したほか,『イリアス』をはじめとする翻訳もある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

マンニネン【Otto Manninen】

1872‐1950
フィンランドの詩人,言語学者。詩型,構成,語法,表現を徹底させ,きわめて簡潔で透徹した象徴詩を残した。もの静かな詩句に潜む人生観,自然観は鋭く,生前は理解されなかったが時代とともに評価されてきた。《詩連》(1905),《詩連II》(1910),《流れの静けさ》(1925),《旅人》(1938),死後発表の《記憶の道》(1951)が全作品。世界の古典の翻訳,フィンランド詩のスウェーデン語ドイツ語ラテン語への3ヵ国語訳も名文の誉れ高い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

マンニネンの関連キーワードフィン人フィンランディアラムステッドフィンランドバスソークフィンランド放送交響楽団ママとボクのフィンランドバスセタラポルタンラビララリン・キュオスティ

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

マンニネンの関連情報