コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マンニネン マンニネンManninen, Otto

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マンニネン
Manninen, Otto

[生]1872
[没]1950
フィンランドの詩人。新ロマン主義の影響を受け,洗練された格調高い詩で知られる。『詩句』 Säkeitä (1905~10) など4つの詩集を残したほか,『イリアス』をはじめとする翻訳もある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

マンニネン【Otto Manninen】

1872‐1950
フィンランドの詩人,言語学者。詩型,構成,語法,表現を徹底させ,きわめて簡潔で透徹した象徴詩を残した。もの静かな詩句に潜む人生観自然観は鋭く,生前は理解されなかったが時代とともに評価されてきた。《詩連》(1905),《詩連II》(1910),《流れの静けさ》(1925),《旅人》(1938),死後発表の《記憶の道》(1951)が全作品。世界の古典の翻訳,フィンランド詩のスウェーデン語ドイツ語ラテン語への3ヵ国語訳も名文誉れ高い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

マンニネンの関連キーワードフィンランド文学8月13日

今日のキーワード

吝か

[形動][文][ナリ]1 (「…にやぶさかでない」の形で)…する努力を惜しまない。喜んで…する。「協力するに吝かではない」2 思い切りの悪いさま。「民衆も天才を認めることに―であるとは信じ難い」〈芥川...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

マンニネンの関連情報