象徴詩(読み)ショウチョウシ

精選版 日本国語大辞典の解説

しょうちょう‐し シャウチョウ‥【象徴詩】

〘名〙 叙述的表現によって直接に主題内容をうたうことをせず、音楽的・暗示的な手法で情調を象徴化して表現する詩。象徴主義の詩。一九世紀末フランスに起こり、ボードレールを始祖とし、マラルメ、ランボー、ベルレーヌらの作品が有名である。日本では、蒲原有明北原白秋三木露風萩原朔太郎らの詩にその傾向が見られる。
吾輩は猫である(1905‐06)〈夏目漱石〉七「俗人に霊妙なる象徴詩がわからぬ如く」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

象徴詩の関連情報