コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マーキュリー計画 マーキュリーけいかく Project Mercury

3件 の用語解説(マーキュリー計画の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マーキュリー計画
マーキュリーけいかく
Project Mercury

アメリカ最初の有人宇宙飛行計画。第1期宇宙飛行士として7人が選抜され,1961年5月5日 A.B.シェパードアメリカ初の弾道飛行 (15分間) に成功。 62年2月 20日には J.H.グレンマーキュリー衛星船フレンドシップ7で,初めて衛星軌道に乗り地球を3周し,続いて M.S.カーペンターや W.M.シラーがマーキュリー衛星船で地球を周回。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

マーキュリー計画【マーキュリーけいかく】

NASA(ナサ)が1961年―1963年に実施した米国で初めての有人衛星飛行計画。カプセルは漏斗(ろうと)形で高さ2m,重さ1.4t。無人および有人衛星カプセルによる弾道飛行実験を経て,1962年2月,J.グレンが乗り組んだマーキュリー6号(フレンドシップ7)が地球を3.5周し,米国初の軌道飛行となった。
→関連項目アトラス(兵器)有人衛星

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

マーキュリーけいかく【マーキュリー計画】

アメリカの最初の有人宇宙飛行計画。人工衛星による人間の軌道飛行を行い回収すること,新しい環境下での人間の能力を知ることを公式の目的として,人間が宇宙空間で生きられるかというもっとも基本的で深刻な問題を明らかにしなければならなかった。すなわち人間がロケットの打上げで加わる加速度とその後宇宙で受ける無重量状態,宇宙放射線の影響,孤独な環境下での精神状態など,当時はすべて未知のことで,この計画において初めて経験されるべきことであった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のマーキュリー計画の言及

【宇宙医学】より

… 現在日本で行われている宇宙医学関連の研究は,心・循環と脳循環,全身の神経系の協調,骨代謝とカルシウム喪失,筋萎縮,放射線防御,代謝と栄養,異文化と閉鎖環境,人間工学,遠隔医学(テレメディスン)など,以前に比べて格段に多様化しているのが特徴である。
[宇宙での身体の変化]
 これまでに実施されたアメリカのマーキュリー計画,ジェミニ計画,アポロ計画,スカイラブ計画,スペースシャトル計画などの,短期ないし長期の宇宙飛行における飛行士の身体のおもな変化として,循環血液量の減少,血液濃度の変化,心循環系の失調,不整脈の出現,体重減少,起立耐性の減少,立ちくらみ,〈宇宙酔い〉の出現,食欲減退,運動容量の減少,筋肉の容量の減少,赤血球の大きさの減少,骨の密度の減少,骨のカルシウムの減少などが報告された。最初に心配されていた放射線などの影響は,宇宙船内に生活しているかぎり,今のところ大量の被曝者は出ていない。…

※「マーキュリー計画」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

マーキュリー計画の関連キーワードジェミニ計画バイコヌールジョンソン宇宙センター神舟10号有人MSC世界宇宙飛行の日NASAリンドン・B・ジョンソン宇宙センターアポロ・ソユーズ共同飛行ケープ・カナベラル

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

マーキュリー計画の関連情報