マーブル

精選版 日本国語大辞典「マーブル」の解説

マーブル

〘名〙 (marble)
大理石
※西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉三「或時心に思ふには、大理石(マーブル)(〈注〉ロウセキ)、価貴がに」
② (①の模様に似ているところから) 墨流しの方法による装飾模様。また、そのような模様の洋紙。書籍の小口見返しなどに用いる。
※番傘・風呂敷・書物(1939)〈幸田成友〉渋沢篤太夫の日記と手紙「罫線のある西洋紙の手帳で、表紙は黒革、見返はマーブル」
おはじきの石。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

戻り梅雨

梅雨が明けたあとに、再び梅雨のような状態に戻ること。返り梅雨。《季 夏》[類語]梅雨・梅雨ばいう・五月雨・空梅雨・菜種梅雨・走り梅雨・返り梅雨...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android