コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

墨流し すみながし

5件 の用語解説(墨流しの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

墨流し
すみながし

かな書きに用いる和紙の料紙の一種。水盤に水を入れて水面に墨汁を滴下し,それに少量の油を点じると墨は展開する。こうして墨と油を交互に点じ雲形や流水形にしたのち,紙を水面に浸すと,墨の文様が紙面に写って「墨流し」の料紙ができあがる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

すみ‐ながし【墨流し】

水の上に字や絵をかく方法。小豆の粉、黄柏(おうはく)、明礬(みょうばん)を麻布で包んで水で湿らせ、それを浸した紙に墨で字や絵をかいて水に浮かべ、細い竹ぐしで紙を下に突くと字や絵が水面に浮かび残る。
墨流し染め」の略。
(「墨流蝶」とも書く)タテハチョウ科のチョウ。翅(はね)の開張約6.5センチ。翅は緑がかった黒色の地に白色の斑点が散在し、墨を流したような感じがある。樹液に集まる。本州以南に分布。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

墨流し【すみながし】

水面に墨汁を落とし,次いで油か松脂(まつやに)を落とした後,わずかに動かしてできる不規則な模様を紙や布に写しとる技法,またその模様。平安時代から行われ,《三十六人集》や古筆切の料紙などに用いられている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

すみながし【墨流し】

「墨流し染め」の略。
水面に字や絵をかく方法。小豆粉・黄柏おうはく・ミョウバンを麻布に包んで水で濡らし、紙に字・絵をかいたのち、その紙を水に浮かべて軽く突くと紙は沈み、字や絵だけが水面に残る。
タテハチョウ科のチョウ。開張約65ミリメートル。はねは薄墨色で複雑な白斑があり、緑青色の光沢がある。口吻は赤色。本州以南、台湾まで分布。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

墨流し
すみながし

紙に文様を染め付ける方法の一種。容器の水面に墨汁を落とし、静かに息を吹きかけるか、あるいは細い竹の先にわずかの油をつけて水面に入れると、水の表面張力によって墨が流れ、同心円の変形した複雑な模様をつくる。それを上からのせた和紙に吸着して写し取るが、二度と同じ文様が得られないという特徴がある。『古今和歌集』(905)に、在原滋春(ありわらのしげはる)の歌「春がすみなかし通路(かよいじ)なかりせば 秋くる雁は帰らざらまし」とあるように、平安時代からすでに行われていたらしく、西本願寺『三十六人家集』の料紙(りょうし)には平安時代の作品が多く残されている。また、1151年(仁平1)に広場治左衛門によって越前(えちぜん)国(福井県)に広められたとの伝説もあり、越前市今立地区では現在も伝統的な技法が守られ、色紙や短冊などの用紙に漉(す)かれている。[町田誠之]

布地の染め

江戸時代に入ると、墨のほかに紅や藍(あい)などが加えられ、油脂を用いたりして、複雑な木目形や、雲形などを染めたものが、千代紙や箱や小引出しの内張りなどに用いられた。そしてさらにこれを布地に写すことが開発され、福井県の武生(たけふ)をはじめ、京都などでも行われた。技法はだいたい紙染めの場合と同じであるが、墨や染料が平らにつくように裂(きれ)地を糊(のり)付けしてよく伸ばし、また着色後の色止めにもいろいろくふうが凝らされた。用途は、長襦袢(ながじゅばん)や風呂敷(ふろしき)、袱紗(ふくさ)の類から、近時はネクタイ、スカーフなどにも用いられている。容器の大きさに制約があるのと、流動する色の流れをすばやくとらえなければならないので、あまり大きなものを、時間をかけて染めるのには適さない。
 衣服にも用いられるが、二つの裂の模様の合い口をあわせて染めることは困難で、部分的な模様を染めるにとどまる。色は元来、墨と紅、藍が主であったが、近時は多色な化学染料を用い、複雑な模様を染めることも行われている。しかし、もともとが水の上に自然に現れる墨の流れを紙にとらえることに発したものゆえ、あまり技巧的になって作意があらわになると、墨流しとしては、かえって趣(おもむき)のないものになってしまう。完全な手工芸であるから、量産には適さず、現在はごく一部の技術者の間に行われているにすぎない。
 ヨーロッパで本の装丁に使われたり、トルコで重要な文書の用紙に用いられたマーブル・ペーパーも、これと同じような方法で染められたもので、現在トルコで行われている。これは多色な顔料に、動物の内臓の脂を混ぜて行われるもので、非常に技巧的で、できあがりには、墨流しのような自然な風趣はない。[山辺知行]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の墨流しの言及

【モノタイプ】より

…とくに現代では版画というよりも造形的表現手段の一つとなっている。 1点制作という点で,モノタイプを広義にとらえれば,H.セーヘルスの,1点ずつ版や色を変えた色刷版画や,シュルレアリストの用いたフロッタージュデカルコマニー,あるいは版画に網,布片,紐などを置いて,それを台材に写し取らせる方法(例えば恩地孝四郎の作品)や墨流しもモノタイプといえる。【坂本 満】。…

【料紙装飾】より

…なお羅文の中に飛雲が加わったり,羅文の飛雲もあるので,両者の技法は近いとみられる。 仕上がった紙を加工する装飾には〈からかみ〉や墨流し,金箔,描(かき)文様,下絵,継紙(つぎがみ)など数多くの技法がある。〈からかみ〉は初め中国から輸入された唐紙の意味であったが,しだいに装飾紙の技法をさすようになった。…

※「墨流し」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

墨流しの関連キーワード自然淘汰スキー八雲愛人松柏砂山チェリーなんか花菱ぶうぶう

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

墨流しの関連情報