コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マーレク・ライーヤト制 マーレク・ライーヤトせい Mālek Ra`ī-yat

1件 の用語解説(マーレク・ライーヤト制の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マーレク・ライーヤト制
マーレク・ライーヤトせい
Mālek Ra`ī-yat

イランで 1962年末の農地改革以前に支配的であった地主小作制。「マーレク (地主) 」は大商人,部族長,役人などから成り,一般に大都市に住みながら農村 (デヘ) を私有した。カージャール朝の衰退が進む 19世紀末から農地を取得し,レザー・シャーの時代に土地登記法が成立してその土地保有が確立した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マーレク・ライーヤト制の関連キーワード土地改良区農地証券農地法乾田馬耕耕作権農地委員会土地改良法農地の大規模化大和田啓気ラデジンスキー

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone