ミシェル・アフラク(読み)ミシェルアフラク

20世紀西洋人名事典の解説

ミシェル・アフラク
Michel Aflaq


1910 -
シリアの政治家,政治思想家。
バース党書記長。
ダマスカス生まれ。
1942年バース党創設に参画し、’47〜65年書記長。’49年文相。’63年バース党が政権を掌握したあと党内の文民・穏健派を指揮。’66年急進的軍人派に党を追われ、レバノン、ブラジルに亡命。’69年イラクに招聘され、バグダードを拠点とするバース党民族指導部の書記長。’71年シリアの欠席裁判で死刑を宣告された。著書「バースのために」(’59年)。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android