コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミシェル・アフラク Michel Aflaq

世界大百科事典 第2版の解説

ミシェル・アフラク【Michel Aflaq】

1910‐89
シリアの政治家,政治思想家。ダマスクス生れの東方正教徒。1930年代にパリで学ぶ。40年代サラーフ・アッディーン・アルビタールṢalāḥ al‐Dīn al‐Biṭār(1912‐80)とともにバース党を創設し,47年から65年まで書記長を務めた。49年に文相となる。63年にバース党が政権を掌握したあと党内の文民・穏健派を指揮した。66年急進的な軍人派に党を追われ,レバノン,ブラジルなどに亡命するが,69年イラクに招聘されバグダードを拠点とするバース党民族指導部の書記長となる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のミシェル・アフラクの言及

【シリア】より

… 一方,30年代から40年代にかけて,インテリ,青年,学生を中心とする民族主義者の運動が出現し新しい政党へと発展した。その代表は,宗教と国家を分離しシリア主義を唱えファシズムに影響されたサアーダの率いるシリア民族主義党(PPS)と,アラブの統一を基本命題としミシェル・アフラク,サラーフ・ビタールの率いるバース党である。また,イスラム教徒のムスリム同胞団や,クルドやキリスト教徒などに支持を得た共産党も活動を展開していた。…

【バース党】より

…1940年代初期のシリアのアラブ民族主義運動の組織を母体とする。それは,パリに留学し帰国後教員となったミシェル・アフラクやサラーフ・ビタールSalāḥ al‐Dīn al‐Biṭār(1912‐80),イスケンデルン出身のザキー・アルアルスージーZakī al‐Arsūzī(1900‐68)らが中心となって結成された。彼らは民族的独立を目的とした従来のアラブ・ナショナリズムに対しさらに急進的な社会的闘争の目標を掲げた。…

※「ミシェル・アフラク」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ミシェル・アフラクの関連キーワードアフラク

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android