コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミツアリ ミツアリ Myrmecocystus mexicanus

2件 の用語解説(ミツアリの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミツアリ
ミツアリ
Myrmecocystus mexicanus

膜翅目アリ科。働きアリが腹部に蜜をためていることで有名なアリ。体長 9mm。食物に乏しい砂漠にすむため,ある種のコバチのつくる虫こぶにできる蜜を集め,体の軟らかい若い働きアリに食べさせ,腹部に蜜を貯蔵させる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ミツアリ
みつあり / 蜜蟻
honey ant

昆虫綱膜翅(まくし)目アリ科の昆虫のうち、体内に蜜(みつ)を貯蔵する習性をもつミツアリ属Myrmeocystesの昆虫。北アメリカの乾燥地域に分布する。甘露を一定の働きアリや兵アリの(そのう)に蓄え、活動できない冬を主とした季節の食料とする。嚢は伸縮性に富み、腹部がほぼ球形をなすほどに多量の蜜を貯蔵できる。このような個体は歩行することができず、巣室の天井に脚(あし)のつめでぶら下がっている。[山内克典]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ミツアリの関連キーワード働き蟻山蟻蜜蟻アリ(蟻)クロナガアリサスライアリサムライアリ(侍蟻)ヒアリ(火蟻)ヒメアリ(姫蟻)

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone