コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミツアリ Myrmecocystus mexicanus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミツアリ
Myrmecocystus mexicanus

膜翅目アリ科。働きアリ腹部に蜜をためていることで有名なアリ。体長 9mm。食物に乏しい砂漠にすむため,ある種のコバチのつくる虫こぶにできる蜜を集め,体の軟らかい若い働きアリに食べさせ,腹部に蜜を貯蔵させる。このため働きアリは腹部がぱんぱんにふくれて球状になる。北アメリカのコロラド付近からメキシコまでに分布する。この地方のインディアンやメキシコ人の間では,甘味料として売買される。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ミツアリ
みつあり / 蜜蟻
honey ant

昆虫綱膜翅(まくし)目アリ科の昆虫のうち、体内に蜜(みつ)を貯蔵する習性をもつミツアリ属Myrmeocystesの昆虫。北アメリカの乾燥地域に分布する。甘露を一定の働きアリや兵アリの(そのう)に蓄え、活動できない冬を主とした季節の食料とする。嚢は伸縮性に富み、腹部がほぼ球形をなすほどに多量の蜜を貯蔵できる。このような個体は歩行することができず、巣室の天井に脚(あし)のつめでぶら下がっている。[山内克典]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ミツアリの関連キーワードアリ(蟻)

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android