ミツケーウィチ(英語表記)Mickiewicz, Adam Bernard

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミツケーウィチ
Mickiewicz, Adam Bernard

[生]1798.12.24. ノボグルデク近郊
[没]1855.11.26. イスタンブール
ポーランドの詩人。ロシアのプーシキンと並び称されるスラブ最大のロマン派詩人で,祖国独立のための愛国的,情熱的行動で深く敬愛されている。貧乏貴族の弁護士を父とし,ウィルノ大学在学中から愛国的革命運動に参加,卒業後はコブノで教鞭をとりながら詩作に入った。1823年ロシア官憲の弾圧を受けてペテルブルグへ追放され,その後オデッサ,モスクワを経てローマに行き,1830年のワルシャワ蜂起の失敗を知って 1832年パリに亡命。1841~44年にはパリのコレージュ・ド・フランスでスラブ文学を講義した。1848年イタリア独立運動を助けるためローマで「ポーランド軍団」を組織,クリミア戦争(1855)に際してはイスタンブールへ行き,ポーランド義勇軍を結成しようとしたが,病に倒れた。代表作の長編叙事詩『パン・タデウシュ』のほか,『青春への頌詩』Oda do młodósci(1820),『バラッドとロマンス』Ballady i romanse(1822),『グラジーナ』Grażyna(1823),『父祖の祭り』Dziady(第2部,第4部 1823,第3部 1833),『クリミアのソネット』Sonety krymskie(1826)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android