コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミツマタヤリウオ Idiacanthus antrostomus

世界大百科事典 第2版の解説

ミツマタヤリウオ【Idiacanthus antrostomus】

ワニトカゲギス目ミツマタヤリウオ科の深海魚。体はウナギ形で,背びれとしりびれは体全体の後からそれぞれ約2/3と1/3の部分を占める。腹びれは体の前1/3よりやや後にある。雌は下あごに発光器をもつ1本のひげをもち,体長30cm以上に達する。雄はひげがなく体長5cmほどで成魚となり,著しい性的2型を示す。体側の下側と腹面に沿って胸びれ直下から尾びれ近くまで左右2列ずつの発光器列がある。雄では眼の直後に眼径と同大,またはそれよりやや大きい発光器があるが,雌では眼径より小さい。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ミツマタヤリウオ
みつまたやりうお / 三又槍魚
black dragonfish
[学]Idiacanthus antrostomus

硬骨魚綱サケ目ミツマタヤリウオ科の海水魚。太平洋の深海から採集されており、日本近海では太平洋岸沖、小笠原(おがさわら)諸島沖などで採集されている。体は黒くて細長く、鱗(うろこ)がない。雌雄の体長差が大きく、雌は40センチメートルほど、雄は5~7センチメートルである。雌は背びれ54~66軟条、臀(しり)びれ28~43軟条、腹びれ6軟条で、体の前半部に位置する。雄には腹びれはない。また、雌には下顎(かがく)に長いひげがあるが、雄にはない。雌雄とも腹部に発光器が並び、その数は20個を超える。幼魚では目が長い柄の先について特異な形をしているが、成長とともに柄は短くなる。近縁種にナンヨウミツマタヤリウオI. fasciolaがあり、太平洋、インド洋、大西洋の熱帯・亜熱帯海域の深海から知られている。[上野輝彌]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ミツマタヤリウオの関連キーワード三又槍魚狭鰭類

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android