ミトラダテス2世(読み)ミトラダテスにせい(英語表記)Mithradatēs II

  • Mithradatēs(Mithridatēs) II

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

古代イラン,アルサケス朝パルティア帝国の王 (在位前 123頃~87頃) 。遊牧民サカ族との戦いで戦死した父アルタバヌス2世のを継いで王位につき,東部に侵入したサカ族を追払い,西方のメソポタミア征服,アルメニア王を降伏させ,大王と称された。前 92年にはローマとの間に最初和平を結んだ。
古代ポントス王国の王。ミトリダテスとも呼ばれる。王位継承順位に史料上の問題があり,1世とも数えられる。在位前 302~前 266年。アマセイアを首都としてポントス王国を創始。セレウコス朝に抵抗し,ビチュニア王国のニコメデスと協力してフリュギアに入植した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android