コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミニコイ島 ミニコイトウ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミニコイ島
ミニコイとう

ラクシャドウィープ連邦直轄地」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ミニコイ島
みにこいとう
Minicoy Island

インド南端、コーチンの南西約400キロメートルのアラビア海に浮かぶ小島。1956年以降アミンディビ諸島、ラクシャドウィープ諸島とともに中央政府直轄地区となっている。面積4.5平方キロメートル。住民はセイロン島から移住してきた仏教徒がイスラム化したもので、文化的には南方のモルジブ諸島との関係が強い。ココヤシと漁業に依存し、言語はマール語が使われる。インド海軍の基地がある。[林 正久]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ミニコイ島の関連キーワードMinicoy Islandラカディーブ[諸島]

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android