コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミヤマシオガマ(深山塩竃) ミヤマシオガマPedicularis apodochila

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミヤマシオガマ(深山塩竃)
ミヤマシオガマ
Pedicularis apodochila

ゴマノハグサ科多年草。本州中部,北部の高山の草地に生える。葉は根もとに群生し,長柄があって羽状に深裂して,裂片はさらに深く裂ける。7~8月,葉間から出た長さ 10~15cmの花茎の先に 10~20花を密につける。花穂の下部には羽状に深裂した葉が無柄で輪生し,裂片には鋸歯がある。花穂とはともに白色軟毛におおわれ,萼の上端は5裂し裂片に鋸歯がある。花冠は紅紫色で下方は筒形,上方は2裂し唇形。上唇は細長いかぶと状で先端が丸く,下唇は広がって縁が3裂する。おしべは4本で,うち2本は短い。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone